| TOP |  小高米とは |  ササニシキ |  ひとめぼれ |  つや姫 |  3種詰合せ |  配送方法・送料 |  お支払い方法 | 

ひとめぼれ 

ひとめぼれ
ひとめぼれの特徴

オールマイティなお米「ひとめぼれ」

「ひとめぼれ」は「コシヒカリ」の持つ甘みと粘りに加えて、柔らかく冷めてもお米同士がくっつきにくく美味しいという特徴があります。 食べればその美味しさにひとめぼれしてしまうという意味からその名前がつけられました。

炊きたてのご飯が美味しいのはもちろんの事ながら、冷めても美味しいのでお弁当用のごはんにもぴったりです。 「ひとめぼれ」を一言で表せば「オールマイティ」というイメージ。「ひとめぼれ」は、色んな料理にぴったりで、料理の幅を広げてくれるお米です。

ひとめぼれ料理イメージ

「ひとめぼれの歴史」

ひとめぼれの歴史

「ササニシキ」と同じく宮城県古川農業試験場において、良食味と耐冷性を併せ持つ品種の育成を目的とした 「コシヒカリ」と「初星」との交配から育成され、1991年にデビューしました。

1993年の大冷害で大きな打撃をうけた「ササニシキ」からの転換品種として作付面積を伸ばし、1994年には全国作付け2位となり、食味が良いことや「コシヒカリ」 より栽培が容易なこともあり、寒冷地以外でも作付けされるようになっています。

小高農産においては長年主力品種として作付しています。

ひとめぼれ  の商品

おすすめ順価格順新着順

ページのトップへ